人が人の痛みを見つめ、祈るとき、そこに国境はあるのかーー三池炭坑を日韓のZ世代が歩いてみた②

記憶にある特定の意味づけがされるとき、その想いは誰のものを反映しているのかーー。 2015年に世界文化遺産に登録された”記憶の有形物”である福岡県南部・大牟田に位置する三池炭鉱を訪ね、普段問われることのない「歴史の意味づけ」を日韓のメンバーがひもときながら歩く、このシリーズ。 第一弾の記事では、巨大な資本主義国家へと舵を切ろうとしていた明治時代の日本において、囚人や植民地出身者など社会的に周縁化された人々が危険な労働に従事し国家の根幹産業を支えるという、現代にも連続する構図が明らかに。 今回は日本の外に目を向け、文化遺産登録をめぐり度々政治問題化される争点と、市民の協働が持つ可能性について、実際に市民の協力によって建てられた記念碑を巡る中で探ります。 「それぞれが見ている歴史」「一緒に見たい未来」をすり合わせていく 炭坑での仕事は危険な重労働であることに加え、主な労働力として囚人が多く動員されたことから偏見を持たれる職業でもあった(前回の記事参照)。産業が巨大化していくにつれて国内で供給できなくなった労働力を補うため、朝鮮、中国、そして第二次世界大戦以降は連合国軍の捕虜が動員されていった。 2015年の世界遺産登録の際に議論の的となったのは、この「強制労働」があったのか否か、という点。日本政府は公式に、東アジアの各地から「自らの意思に反して(against their will)」労働者が動員され、「強制的に労役(forced to work)」させられた事実があったことについては認めている。 しかし、2020年6月に公開された東京の産業遺産情報センターには、朝鮮人の強制労働を否定する内容の証言や資料が展示され、国内外から批判を浴びた。 ユネスコの国際記念物遺跡会議共同調査団は翌月の12日、産業革命遺産の紹介が朝鮮半島出身者の強制動員問題を事実上否定しているという内容の報告書を公開。センターの展示内容について「被害者側からの視点が欠けている」と指摘した。 一方、韓国・ソウルの植民地歴史博物館では7月16日から11月7日まで、韓国の民族問題研究所が日帝強制動員被害者支援財団と共催する展示会「被害者の声を記憶せよ!強制動員の歴史を展示せよ!」が開催される。 展示では国内初公開となる長崎の高島炭鉱、福岡県の三池炭鉱の強制動員被害者の証言映像のほか、帝国日本による植民地時代に強制動員された被害者19名の証言映像が公開されているという。 韓国の民族問題研究所は展示会の開幕に合わせて声明を出し、「強制労働の真実を明らかにするために努力してきた韓国と日本の市民は、世界遺産委員会が公開した勧告を支持し、歓迎の意を表する」としている。 噛み合わない議論、繰り返される政治問題化 日本政府は世界遺産一覧表への記載決定に際して、2015年7月5日第39回世界遺産委員会において以下のように発言している(外務省発表の日本語仮訳)。 「日本は,1940年代にいくつかの場所において,その意思に反して連れて来られ,厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者等がいたこと,また,第二次世界大戦中に日本政府としても徴用政策を実施していたことについて理解できるような措置を講じる所存である」 この一文には、次のような注釈がつけられている。 [1]「意思に反して連れて来られ(brought against their will)」と「働かされた(forced to work)」との点は,朝鮮半島出身者については当時,朝鮮半島に適用された国民徴用令に基づき徴用が行われ,その政策の性質上,対象者の意思に反し徴用されたこともあったという意味で用いている。 [2]「厳しい環境の下で (under harsh conditions)」との表現は,主意書答弁書(参考)にある「戦争という異常な状況下」,「耐え難い苦しみと悲しみを与えた」という当時の労働者側の状況を表現している。 [4]今回の日本代表団の発言は,従来の政府の立場を踏まえたものであり,新しい内容を含むものではない。 [5]今回の日本側の発言は,違法な「強制労働」があったと認めるものではないことは繰り返し述べており,その旨は韓国側にも明確に伝達している。 戦時下の暴力に関して、当時適用されていた枠組みの中での合法性を問うことの限界については、現代においても議論が重ねられている点だ。 命をも危険にさらす労働のために本人の「意思に反して(= against their will)」連れてこられ、「働かされた(= forced to work)」事実は、人間を含めた植民地のリソースを枯渇するまで搾取する帝国主義イデオロギーの中では確かに「違法な」強制労働ではなかったかもしれない。 しかし終戦後、民主主義国家として過去の過ちを清算する旅路を辿ってきた日本というまったく新しい国を代表する立場にある組織が、外国人強制労働の事実や過去を認めながらも、なぜいまだに当時の枠組みにおける”合法性”を主張するのだろうか。 戦時中の”合法性”をいま、「人道」をキーワードに見つめる 中川の「見知らぬわが町1995 真夏の廃坑」によれば、太平洋戦争の開戦前における三井三池の坑夫採用条件は「当地方二土着永住(その土地で生まれ育った人)」「土百姓ニシテ世ニ馴レザルモノ(農業に従事し世の中に慣れていないもの)」だった。工業化の波の中で職を失った百姓の行き場として鉱夫という職業があったことが窺える。 しかし開戦に伴い、だんだんと国内の労働力が不足していくと事態は激変。朝鮮人や中国人を動員することで労働力を補い、戦争を継続していた終戦間際の日本の姿が浮かび上がってくる。 歴史研究者の竹内康人は、厚生省勤労局名簿、石炭統制会資料、福岡県特高資料などを基にした緻密な調査によって朝鮮から三井三池炭鉱へ連行された労働者の数を約9300人とみつもり、三井の石炭コンビナート関連の工場労働や湾口労働への連行数を入れれば1万人を超える連行があったと著書「調査・朝鮮人強制労働①炭鉱編」に記している。 さらに同書には、福岡県全体の60を超える鉱山へ連れてこられた朝鮮人労働者の数は1945年5月ごろまでに累算で15万人を超えたという記載がある。 連行された人々の生活が例えようがなく悲愴を極めたことは、残された証言の数々から窺い見える。「どうせ死ぬのだから、死ぬ覚悟で逃げ出そう」と脱走を試みた人の過酷な経験も証言として残っている。 「連行のうえに長時間過重労働(炭坑にて15時間以上)が課せられていました。負傷は日常、欠勤すると貧しい食事を更に減らされ、暴力で管理を受け、そして強制貯金をさせられるうえに抵抗する者は検挙。罪のない人々がそんな日々を繰り返していたのです」(竹内康人『調査・朝鮮人強制労働①炭鉱編』より引用) 「ファンクラブ」藤木さんと共に。垣間見えた、市民レベルの可能性 強制労働を巡って政治的に対立するこの問題も、結局は1人ひとりの人間が理不尽に苦しめられ、悩み、傷ついた記憶をどう扱うのかという問いに終始する。そこには、イデオロギーもハイレベルな外交の議論も必要ないはずだ。 では「強制労働」の非人道性は、記憶の遺産が残る地方の自治体や、住民たちなどの市民レベルではどう扱われているのか。 「NPO法人 大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブ(略称:ファンクラブ)」の代表・藤木雄二さんが、大牟田の街に残るその手がかりを教えてくれた。 まず私たちが向かったのは大牟田市馬渡第一公園。Continue reading “人が人の痛みを見つめ、祈るとき、そこに国境はあるのかーー三池炭坑を日韓のZ世代が歩いてみた②”

Deconstructing the Politicized Emotions–Local citizen’s cooperations for the “dark legacy” in East Asia

When a certain memory is given a historical meaning, a question remains; who are the ones creating this idea of memory “worthy of remembering” ? In this series, members from Japan and Korea visit the “tangible object of memories” in Miike Coal Mine in Omuta, situated in southern Fukuoka Prefecture, which was registered as aContinue reading “Deconstructing the Politicized Emotions–Local citizen’s cooperations for the “dark legacy” in East Asia”

Translate »