Workshop Series Winter 2020 “Conversation of Tangible Memories”

Workshop Series “Conversation of Tangible Objects”
Passing on history in Asia and Europe

In this year of 2020 when everything has gone online, THE LEADS ASIA will host a series of workshops on the transmission of history in the form of “objects”. This event will be held in collaboration with the Waseda University Institute of Korean Studies NPO Tokyo Holocaust Education Resource Center, Munich Documentation Centre for the History of National Socialism, Goethe-Institut Tokyo, and Zurich University Institute of Art History.

In every generation, people have been seeing with eyes, touching by hands and have been creating objects with their hearts. Through such creations, our emotion and memory remain in the forms of art and culture across regions and generations.

What can we learn through tangible objects that have been passed down to us?
What can we create together in the online-age, and what will we leave behind for future generations?

A series of four workshops with experts in urban communications, history museum, puppetry, and antiquities from around the world is open to all.

EVENT DETAILS
Dates: November 15, December 4, January (coming soon), February (coming soon)
Theme of each session:
 ●Dr. Kyoung-muk Kim, Institute of Korean Studies, Waseda University:
  “When Urban Communication Meets Transnational Asia”
 ●Dr. Mirjam Zadoff, Director of the Munich Museum of History:
  “Passing on History and Challenges in the 21st Century”
 ●Professor Hans Bjarne Thomsen, Art History Institute, University of Zurich:
  “A Bird’s Eye View of Japan-Korea Relations through Antiquities” (tentative)
 ●A Modern History Tied to Czech Puppetry” (coming soon)
Format: Zoom and YouTube
Language: English (*some sessions will be held bilingually with Japanese translation)
Target audience: Those interested in passing on the memory in Asia and Europe: Creating culture and art, and building dialogue for the next generation: Open to a variety of opinions

Details of the participation system and other details will be updated on this page.

アジアとヨーロッパにおける、
あえて”モノ”に焦点を当てたオンライン時代の記憶継承

 何もかもがオンラインに移行した2020年。その締めくくりの冬に、THE LEADS ASIAは”モノ”から読み解く歴史の継承を巡る全4回のワークショップシリーズを早稲田大学韓国学研究所NPO法人ホロコースト教育資料センターミュンヘン・ナチドキュメントセンター、ドイツ政府ゲーテ・インスティチュート東京チューリッヒ大学美術史研究所とのコラボレーションで開催します。

 どの時代も、人々は目で「見て」、手で「触れて」、心で「創造」しながら新たな時代を生きてきました。時にはそれが大切な想いをつなぐ芸術文化として残ったり、新しい時代を生きる建造物として残ったり、はたまた先人に想いを馳せる記念館になったり。受け継がれる”モノ”を通じて学べること、そしてこの「オンライン時代」が後世に残していけるモノとは何なのか。そんな可能性を探ります。

 歴史館人形劇都市コミュニケーション古美術などの専門家を世界中から招いて開催する全4回のワークショップシリーズは、どなたでもご参加いただけます。

<開催概要>
日時:11月15日12月4日1月(近日公開)、2月(近日公開)
各回テーマ:
 ●「都市コミュニケーションと越境する東アジア」
  :早稲田大学韓国学研究所・金敬黙 教授
 ●「21世紀における歴史の継承と挑戦(仮)」
  :ミュンヘン・ナチドキュメントセンター・Mirjam Zadoffさん
 ●「日本、韓国の古美術から俯瞰する両国関係(仮)」
  :チューリッヒ大学芸術研究所・Hans Bjarne Thomsen 教授
 ●「チェコの人形劇から紐解く近代史(仮)」(近日公開)
形式:Zoom(人数制限有)およびYouTubeでの配信
使用言語:英語(※日本語通訳のつく回あり)
対象:アジア・ヨーロッパにおける戦争記憶の継承、文化芸術の創造、次世代の対話構築などに興味のある方。様々な意見にオープンな方。

当日のZoomリンクは事前登録いただいた方に個別にお送りさせていただきます。
※ディスカッションの進行上、応募多数の場合はZoomでの参加を申し込んで頂いた方もYouTubeでの参加になる可能性がございます。予めご了承ください。

!参加方式の詳細はこのページで近日公開されます。!

%d bloggers like this: